FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトルのまんまです。
といっても、今年の三月あたりまでは去年の積ん読を読んでおり、今年買った本の積ん読も100冊を超えているので「今年買って今年読んだ本」はそれほど多くないように思います。
その一方で、「心に残った本」は本当にたくさんあって、5冊に絞ってしまうのは心苦しくもあり、悩みどころでもありました。
しかし悩んだ末に選んだ以下5冊の本は私の中に大切な物語を与えてくれたものです。
そして、他の方に是非おすすめしたい本でもあります。
イベントでのお買い物、読書のご参考になれば幸いです。
なお、以下の紹介はだいたい読んだ順となっています。また、感想文はツイッターの感想ツイートをもとにして書いています。

「旅人は地圖を持たない」
作者:小町紗良さん
サークル:少女こなごなと愉快な道連れ
買ったイベント:静岡文学マルシェ

地図なし


アコーディオンの弾き語りで日銭を稼ぐ元気な女の子と、呪いで骸骨の姿に変えられてしまった青年の旅物語。
カラッと明るい雰囲気だけど、ところどころで胸を締め付けるような哀愁を感じる、クールな連作短編のファンタジー。
短編のタイトルがそれぞれアコーディオン曲の曲名で、作品中でヒロインのカルロッタちゃんが弾いています。曲を聴きながら読むとまた味わい深い。
骸骨青年のチェザーレ君が飄々としてて渋かっこいいんですよ。「スタイルミュゼット」のチェザーレ君、ほんと萌え禿げるレベルでかっこいいからみんな読んでくれ!


「朦朧國彷徨記」
作者:火野ナガヨさん
サークル:紬堂文庫
買ったイベント:静岡文学マルシェ

朦朧

電車の中で激しい頭痛に襲われた主人公が、ふと気がつくと不可思議な夢の世界に迷い込んでしまっている、という幻想的な物語。
年齢や性別すらあやふやに変化しながら、主人公は無くした自分の名前を探し求めなくてはならない、その不安感がとても恐ろしいとともに、不思議な異形の蠢く世界に懐かしさと心地よさを感じました。
くらくらするような夢の迷宮をどこまでも彷徨い歩く不可思議さがクセになる、とても美しい幻想小説です。


「さんた・るちやによる十三秒間の福音」
作者:唐橋史さん
サークル:史文庫
買ったイベント:第24回文学フリマ東京

さんたるちや

骨太で本格的な歴史小説を沢山書かれている唐橋史さんの短編小説集です。
表題作「さんた・るちやによる十三秒間の福音」は江戸時代初期の壮絶なキリシタン弾圧の情景がリアルに描かれたお話です。時代の空気が血の匂いと一緒にぐわっと迫ってくる迫力があります。平安時代の平重衡の刑死を描いた「或る罪人の死」も合わせて、生と死が間近に隣り合っていた時代がかつて確かにあったであろうことを感じました。
また、幕末の江戸を描いた「smile」という作品は、時代の移り変わりの残酷さに翻弄されながらも笑顔で生きる市井の人々の力強さが感じられるお話でした。


「DAMMED THING VOL.1」
作者:河野真也さん、江川太洋さん
サークル:WORLD BEANS
買ったイベント:文学フリマ岩手

だむど

アメリカの怪奇幻想小説専門パルプ誌「ウィアード・テールズ」の日本版を目指して創られたというホラー小説の合同誌です(「ウィアード・テールズ」については私はこの本をきっかけに初めて知りました)。
テーマは「怪物」。しかし、二作とも「怪物」の現れ方がひねられていて面白いです。
河野真也さんの「やまびこ」は、「あちらの世界」から呼びかける「声」に憑かれてしまう、日常を徐々に侵蝕する得体の知れない狂気を描いたお話でした。また、「犬と老人」は、山奥の自動車解体工場で働く警備員の男の恐怖体験にまつわるお話で、生理的不快感をこれでもかというくらい脳内に注入される凄まじさがあります。
どちらのお話もとても怖く、両作品とも味わいは違えども、終わりない狂気と悪夢の世界に誘ってくれるガチ怖ホラーでした。
ホラー好きな方には絶対におすすめしたい一冊です。


「魚たちのH2O」
作者:孤伏澤つたゐさん
サークル:ヨモツヘグイニナ
買ったイベント:第24回文学フリマ東京

魚たちのH2O

気の遠くなるような時間の果てに、進化と滅亡を繰り返しながらゆっくりと淘汰されていく人間達。それこそ海の水に溶けるように静かに滅びに向かっていく世界が悲しく、そして美しく、繊細に描かれています。海から隔絶されたH2Oを持ちながら海に焦がれ海へ向かう四人の少年達の姿が切なくて愛しくて、なぜかとても懐かしい気持ちになりました。
「あまりにも美しすぎて何も言えない」が読んだ直後の率直な感想でした。まさに「語彙力をなくす」ってやつですね。
明け方にとても幸せな夢を見て、目覚めて、その夢の余韻と夢が終わってしまったことの寂しさを布団の中で噛みしめている……あえて抽象的な表現をするなら、そんな感覚に近い読後感を与えてくれる物語でした。


他にもご紹介したい本はたくさんあるのですが、ひとまず以上の5冊の感想を持ちまして、今年の私の読書まとめとさせていただきます。
来年もたくさんの物語と出会えることが今からとても楽しみです。 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://suamania.blog.fc2.com/tb.php/8-847e3d38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。